これまで実家暮らしだったり、一人暮らしをしたことがない人が初めて一人暮らしを始める場合、自由になったような気持ちがするため、つい周りのことを考えず自分勝手な行動をしてしまうことがあります。賃貸暮らしは戸建てよりも、マナーやルールを遵守しなくてはならないということを忘れてはいけません。

賃貸生活は集団生活

アパートやコーポ、マンションなどの物件は集合住宅になるため、住人同士がルールを守って生活する必要があります。住人すべてが好きなように生活すると人間関係も悪化し、ギスギスした生活しづらい空間が生まれてしまいます。

下の階の人のことを考えずに足音を大きくたてたり荷物を落とす、友だちが泊まりにきて夜中中騒ぐ、夜中に大きな音で音楽を聴いたり楽器を弾くなど、生活騒音でトラブルになるケースは少なくありません。

集合住宅は自分一人だけが生活している場ではないので、周辺住人に対して迷惑をかけないよう、マナーやルールを守らなくてはなりません。

大きな音が下の階に響かないようラグを敷いたり、友だちがきたときは窓を閉めて声のボリュームは抑える、夜中に音楽を聴くときはイヤホンを利用するなど、周囲に対する思いやりが必要です。

周辺住人とトラブルになってしまうと、不動産会社にクレームを入れられ、最悪の場合、退去を命じられることもあります。

円滑なコミュニケーションを心がけよう

最近では周辺住人とのコミュニケーションは一切とらない人も多いですが、顔を合わせたときや廊下ですれ違ったときなどは、挨拶をするようにしましょう。

ある程度顔なじみになったら、友だちがくる日は前もってうるさくなるかもしれないと事前に謝ることも可能です。こうしたコミュニケーションをとることで、大きなトラブルへと発展することを避けられます。

また、トラブルになりやすいゴミ捨ても、入居先のルールを守らなくてはなりません。以前住んでいた場所ではOKでも、引っ越し先ではゴミ出しルールが異なっていることもあります。

事前に自治体のホームページなどを見て、ゴミ出しルールをチェックしておきましょう。

入居後も親切に対応してくれるアパマンショップ

大村浩次が代表取締役社長のアパマンショップは、全国規模で賃貸物件を紹介しており、地域ごとのさまざまなトラブル対応に長けています。

大村浩次が設立したアパマンショップは不動産会社の中でも老舗で、社長の大村浩次が社員教育を徹底しているため、入居後のトラブルなどにも迅速に対応してくれるようです。

問題があっても対応してくれない不動産会社もありますので、賃貸物件を探すならアパマンショップがおすすめです。