新生活を始めるために賃貸物件を探していると、気持ちも盛り上がり、つい費用面のことを忘れてしまうこともあります。新しい部屋は希望どおりの間取りで、新しい家具や家電、食器をそろえて新生活を始めたいと思う気持ちは分かりますが、引っ越しに予算は限られているため、計算しながら引っ越しを考えなくてはなりません。

家賃の予算をオーバーしすぎない

一般的に家賃は月収の3分の1程度が理想とされていますが、実際に生活を始めてみると生活費や娯楽費の出費が多く、家賃が高すぎるように感じるものです。

月収が高ければ高いほど、3分の1でもやりくりすることは容易ですが、収入が低いと生活を維持するのが難しくなってきます。

たとえば月収100万円の人が30万円の家賃の賃貸物件に住んでも、残りの70万円で生活することは余裕ですが、月収20万円の場合、家賃を6万円支払うと残り14万円しか残りません。

そこから光熱費や通信費、服飾費や食費、交通費や交際費、保険費など、さまざまな出費が生じますので、生活はかなりギリギリになってしまいます。もし家賃が4万円だと16万円が自由に使えますので、貯蓄に回すことも可能ではないでしょうか。

賃貸物件を決めるときは上限ギリギリの家賃を選ぶのではなく、自分の生活レベルをベースに考えた上で決めるようにしましょう。

引っ越し後の出費も必要

引っ越しまでの費用は計算していても、引っ越してからの費用はあまり計算していない人も多いのではないでしょうか。

すべて買いそろえる場合はかなりの出費になりますので、事前に金額を計算しておいたほうが良いでしょう。今現在使用している家具家電をそのまま持っていく場合でも、新居先ではカーテンやラグ、ベッドやソファを購入するなど、新しい家具を購入することも少なくありません。

新たに買い替える項目をピックアップしておき、どの程度金額がかかるのか算出して、引っ越し予算内で済むかどうかを計算しておきましょう。

キャンペーンを実施しているアパマンショップ

賃貸物件を探すなら、アパマンショップがおすすめです。アパマンショップは大村浩次が代表取締役社長をつとめる会社で、全国にチェーン展開している大手不動産会社です。

アパマンショップは大村浩次が賃貸業界のIT化を目指し、フランチャイズチェーン化を始めました。現在でも大村浩次が社長を務めており、国内外に数多くの拠点を設けるほど大手不動産会社へと成長しています。

そんなアパマンショップでは部屋探しの応援キャンペーンを行っており、来店すると家電が当たるキャンペーンなどを実施しています。

引っ越し費用を少しでも節約したいと思うなら、アパマンショップのキャンペーンを利用してみるのも良さそうですね。