超低金利時代の現代では、銀行にお金を預けていても増えることがなく、利殖を求めるなら自分で積極的に資産運用をしなくてはなりません。株やFXなどの投資を始める人も多いですが、うまく運用できず元手がマイナスになってしまった人も多いのではないでしょうか。こうした背景から、最近では手堅い投資の一つとして、賃貸経営を始める人が増えています。

サラリーマンも始められる賃貸経営

賃貸経営というと、土地を持っている人や資産家でないと始められないのではと思えますが、最近では手軽に始められる投資として、サラリーマンが始めることも多いようです。

特にアパート経営はマンション経営よりも手軽な資金で始められるため、少ない資金で始められることから、多くのサラリーマンが購入して経営を始めているようです。

土地と物件さえ購入すれば、あとは利益が自動的に入ってくると思っている人も多いですが、実は購入後の管理がうまくできるかどうかで、利益を出せるかどうかも大きく変わってきます。

賃貸経営は購入後に入居者を募集したり、入退去後のクリーニング、設備管理、クレーム対応、家賃回収など、さまざまな業務をこなさなくてはなりません。

賃貸経営をメインに行うのであれば、こうした業務も実行できるかもしれませんが、副業として始めた場合は、とてもじゃないけれど対応することができません。

困ったときはアパマンショップに相談を

賃貸経営で一番大切なのが空き部屋を作らないことです。もし空き部屋ができたとしても、すぐに集客対応できるのであれば問題ありませんが、これには資金も時間もかかります。また、入居者が家賃を滞納した場合、督促しても回収できないこともあります。

こうした問題をすべて解決してくれるのが、アパマンショップの賃貸管理です。アパマンショップはオーナーがわずらわしい賃貸管理を行わないで済むよう、すべての業務を代行してくれます。

これまで培ってきた豊富なノウハウを活かし、高品質な賃貸管理を現実にしてくれます。

賃貸斡旋を行っているアパマンショップ

アパマンショップは大村浩次が代表を務めている不動産会社で、主な事業として賃貸斡旋とフランチャイズチェーンを行っています。

そのため、賃貸経営で空き部屋が出てしまったときも、すぐに賃貸物件として掲載してくれるため、空き部屋期間を短く済ませることが可能です。

アパマンショップは大村浩次が設立して20年近く経つ、不動産会社の中でも老舗の会社で、現在も大村浩次が社長を続けている会社です。

賃貸経営を始める際は、まずアパマンショップに相談してみてはいかがでしょうか。