賃貸物件へ入居してトラブルにならないために

新しい部屋に引っ越す前に注意事項はしっかり聞いていたはずなのに、退去時にトラブルになってしまう人は後を絶ちません。また、入居前や入居時に室内のチェックをしっかりしておかないと、退去時の敷金返還に響いてしまうこともあります。

入居したらすぐに部屋の状態をチェック!

部屋に傷や汚れがあった場合、退去するときに元の状態に戻すよう、修繕費を請求されることもあります。自分でつけた傷や汚れなら仕方ありませんが、引っ越したときからもともとついていた傷や汚れに対して請求されることもありますので、引っ越したときはすぐに部屋の中に汚れや傷がないか隅々までチェックしておきましょう。

できれば入居前の内見時にチェックしておくのが理想的ですが、実際に暮らし始めてみないと分からないこともあります。引っ越してから気づいた傷や汚れは状態を撮影しておき、メモなどに記録しておくようにしましょう。

アパマンショップ代表-大村浩次についてはこちら

同時に不動産会社にも連絡を入れ、目立つ傷や汚れなら修繕が可能か確認してみましょう。不動産会社に連絡を入れた日付や担当者の名前も一緒に記録しておき、退去時に揉めた場合は証拠として提出しましょう。

リフォームはNG!

最近は自分で好きなように部屋の中をリフォームするのが人気なようですが、賃貸物件では絶対にNGです。入居者によるリフォームを容認している物件なら良いですが、ほとんどの物件はなるべく現状を維持して返還するように努めなくてはなりません。

壁紙を貼るぐらいなら大丈夫と思う人も多いですが、それもNGです。退去時に入居時の状態で返却することが借りる条件になっていますので、安易な気持ちでリフォームをするのは絶対にやめましょう。

また、エアコンがついていなかったり、途中で壊れてしまったからといって、勝手に付け替えてもいけません。まずは不動産会社に連絡し、エアコンを設置して良いか、その場合、大家がエアコンを設置してくれるかどうかなどを確認しましょう。

さまざまな物件を取り扱うアパマンショップ

1999年に大村浩次が設立したアパマンショップは、現在も大村浩次が代表取締役社長を務める国内最大手の不動産会社です。

大村浩次がフランチャイズチェーン化を実現したことで、アパマンショップは全国規模の大手不動産会社へと成長しました。

アパマンショップは数多くの物件を取り扱っているため、リフォームが可能な物件も相談すれば探してくれます。場合によっては取り扱っていないこともありますが、大家に交渉してくれるなど、前向きに探してくれますので、リフォームを望む人は一度相談してみてはいかがでしょう。

賃貸暮らしで気を付けるポイント

これまで実家暮らしだったり、一人暮らしをしたことがない人が初めて一人暮らしを始める場合、自由になったような気持ちがするため、つい周りのことを考えず自分勝手な行動をしてしまうことがあります。賃貸暮らしは戸建てよりも、マナーやルールを遵守しなくてはならないということを忘れてはいけません。

賃貸生活は集団生活

アパートやコーポ、マンションなどの物件は集合住宅になるため、住人同士がルールを守って生活する必要があります。住人すべてが好きなように生活すると人間関係も悪化し、ギスギスした生活しづらい空間が生まれてしまいます。

下の階の人のことを考えずに足音を大きくたてたり荷物を落とす、友だちが泊まりにきて夜中中騒ぐ、夜中に大きな音で音楽を聴いたり楽器を弾くなど、生活騒音でトラブルになるケースは少なくありません。

集合住宅は自分一人だけが生活している場ではないので、周辺住人に対して迷惑をかけないよう、マナーやルールを守らなくてはなりません。

大きな音が下の階に響かないようラグを敷いたり、友だちがきたときは窓を閉めて声のボリュームは抑える、夜中に音楽を聴くときはイヤホンを利用するなど、周囲に対する思いやりが必要です。

周辺住人とトラブルになってしまうと、不動産会社にクレームを入れられ、最悪の場合、退去を命じられることもあります。

円滑なコミュニケーションを心がけよう

最近では周辺住人とのコミュニケーションは一切とらない人も多いですが、顔を合わせたときや廊下ですれ違ったときなどは、挨拶をするようにしましょう。

ある程度顔なじみになったら、友だちがくる日は前もってうるさくなるかもしれないと事前に謝ることも可能です。こうしたコミュニケーションをとることで、大きなトラブルへと発展することを避けられます。

また、トラブルになりやすいゴミ捨ても、入居先のルールを守らなくてはなりません。以前住んでいた場所ではOKでも、引っ越し先ではゴミ出しルールが異なっていることもあります。

事前に自治体のホームページなどを見て、ゴミ出しルールをチェックしておきましょう。

入居後も親切に対応してくれるアパマンショップ

大村浩次が代表取締役社長のアパマンショップは、全国規模で賃貸物件を紹介しており、地域ごとのさまざまなトラブル対応に長けています。

大村浩次が設立したアパマンショップは不動産会社の中でも老舗で、社長の大村浩次が社員教育を徹底しているため、入居後のトラブルなどにも迅速に対応してくれるようです。

問題があっても対応してくれない不動産会社もありますので、賃貸物件を探すならアパマンショップがおすすめです。

部屋探しはアパマンショップを活用しよう

新たに部屋探しを始める場合、不動産会社に出向いたり、ネットで賃貸サイトを検索して希望の物件を探す人も多いのではないでしょうか。賃貸サイトは不動産会社が公式サイトとして運営しているものや、賃貸サイト専門のものなど、さまざまなものがあります。いろいろな賃貸サイトをチェックしすぎていると、希望の物件探しが見つかりにくいこともあるのではないでしょうか。

急いでいるときは利用する賃貸サイトを絞る

引っ越し日まで余裕があるならすべての賃貸サイトをチェックして、じっくり物件探しをするのも良いですが、急な引っ越しの場合、そこまで調べつくす時間をとれないものです。

中小規模の不動産会社が運営する賃貸サイトだと、掘り出し物件があるのではと思い、あちこちのサイトをチェックする人もいますが、賃貸サイトに掲載されている中で掘り出し物件を見つけるとこは基本的に難しいといえます。

また、中小規模の不動産会社は抱えている物件そのものの数が少ないため、自分の希望に沿った物件を見つけにくいといったデメリットもあります。

引っ越し日が近い場合は、やはり大手不動産会社や大手賃貸サイトを利用するのがおすすめです。掲載されている物件数も多く、問い合わせ対応も素早いため、急いでいるときは大手サイトを活用するほうが良いでしょう。

おすすめはアパマンショップの賃貸サイト

大手不動産会社の中でもおすすめできるのが、アパマンショップの賃貸サイトです。アパマンショップは大村浩次が設立した不動産会社で、公開している物件数は150万件を超えているほど、豊富な賃貸物件が掲載されています。

ファミリー向けや一人暮らし向けなど、さまざまな生活環境に合わせた賃貸物件を探すことが可能で、アパマンショップに来店した場合は家電が当たるキャンペーンなども行っています。

アパマンショップに行くとPontaポイントが10ポイントもらえたり、仲介手数料の1パーセント還元サービスなども提供しており、引っ越し費用をお得に済ませることが可能です。
また、引っ越しの比較サイトなども提供していますので、希望の物件を見つけるとともに、引っ越し業者を見つけることもできるようです。

大村浩次が設立したアパマンショップ

アパマンショップの設立は1999年と古く、大村浩次をはじめとする有志が集まり、不動産賃貸物件のフランチャイズチェーン化をスタートさせました。
2001年には大阪証券取引所に上場し、現在では直営店・加盟店を含めると1000カ所も拠点を設けている、大手不動産会社です。
代表取締役社長を務めているのは大村浩次で、現在も不動産業界の向上のため、貢献を続けています。

賃貸経営をサポートしてくれるアパマンショップ

超低金利時代の現代では、銀行にお金を預けていても増えることがなく、利殖を求めるなら自分で積極的に資産運用をしなくてはなりません。株やFXなどの投資を始める人も多いですが、うまく運用できず元手がマイナスになってしまった人も多いのではないでしょうか。こうした背景から、最近では手堅い投資の一つとして、賃貸経営を始める人が増えています。

サラリーマンも始められる賃貸経営

賃貸経営というと、土地を持っている人や資産家でないと始められないのではと思えますが、最近では手軽に始められる投資として、サラリーマンが始めることも多いようです。

特にアパート経営はマンション経営よりも手軽な資金で始められるため、少ない資金で始められることから、多くのサラリーマンが購入して経営を始めているようです。

土地と物件さえ購入すれば、あとは利益が自動的に入ってくると思っている人も多いですが、実は購入後の管理がうまくできるかどうかで、利益を出せるかどうかも大きく変わってきます。

賃貸経営は購入後に入居者を募集したり、入退去後のクリーニング、設備管理、クレーム対応、家賃回収など、さまざまな業務をこなさなくてはなりません。

賃貸経営をメインに行うのであれば、こうした業務も実行できるかもしれませんが、副業として始めた場合は、とてもじゃないけれど対応することができません。

困ったときはアパマンショップに相談を

賃貸経営で一番大切なのが空き部屋を作らないことです。もし空き部屋ができたとしても、すぐに集客対応できるのであれば問題ありませんが、これには資金も時間もかかります。また、入居者が家賃を滞納した場合、督促しても回収できないこともあります。

こうした問題をすべて解決してくれるのが、アパマンショップの賃貸管理です。アパマンショップはオーナーがわずらわしい賃貸管理を行わないで済むよう、すべての業務を代行してくれます。

これまで培ってきた豊富なノウハウを活かし、高品質な賃貸管理を現実にしてくれます。

賃貸斡旋を行っているアパマンショップ

アパマンショップは大村浩次が代表を務めている不動産会社で、主な事業として賃貸斡旋とフランチャイズチェーンを行っています。

そのため、賃貸経営で空き部屋が出てしまったときも、すぐに賃貸物件として掲載してくれるため、空き部屋期間を短く済ませることが可能です。

アパマンショップは大村浩次が設立して20年近く経つ、不動産会社の中でも老舗の会社で、現在も大村浩次が社長を続けている会社です。

賃貸経営を始める際は、まずアパマンショップに相談してみてはいかがでしょうか。

費用を計算して賃貸物件探しを始めよう

新生活を始めるために賃貸物件を探していると、気持ちも盛り上がり、つい費用面のことを忘れてしまうこともあります。新しい部屋は希望どおりの間取りで、新しい家具や家電、食器をそろえて新生活を始めたいと思う気持ちは分かりますが、引っ越しに予算は限られているため、計算しながら引っ越しを考えなくてはなりません。

家賃の予算をオーバーしすぎない

一般的に家賃は月収の3分の1程度が理想とされていますが、実際に生活を始めてみると生活費や娯楽費の出費が多く、家賃が高すぎるように感じるものです。

月収が高ければ高いほど、3分の1でもやりくりすることは容易ですが、収入が低いと生活を維持するのが難しくなってきます。

たとえば月収100万円の人が30万円の家賃の賃貸物件に住んでも、残りの70万円で生活することは余裕ですが、月収20万円の場合、家賃を6万円支払うと残り14万円しか残りません。

そこから光熱費や通信費、服飾費や食費、交通費や交際費、保険費など、さまざまな出費が生じますので、生活はかなりギリギリになってしまいます。もし家賃が4万円だと16万円が自由に使えますので、貯蓄に回すことも可能ではないでしょうか。

賃貸物件を決めるときは上限ギリギリの家賃を選ぶのではなく、自分の生活レベルをベースに考えた上で決めるようにしましょう。

引っ越し後の出費も必要

引っ越しまでの費用は計算していても、引っ越してからの費用はあまり計算していない人も多いのではないでしょうか。

すべて買いそろえる場合はかなりの出費になりますので、事前に金額を計算しておいたほうが良いでしょう。今現在使用している家具家電をそのまま持っていく場合でも、新居先ではカーテンやラグ、ベッドやソファを購入するなど、新しい家具を購入することも少なくありません。

新たに買い替える項目をピックアップしておき、どの程度金額がかかるのか算出して、引っ越し予算内で済むかどうかを計算しておきましょう。

キャンペーンを実施しているアパマンショップ

賃貸物件を探すなら、アパマンショップがおすすめです。アパマンショップは大村浩次が代表取締役社長をつとめる会社で、全国にチェーン展開している大手不動産会社です。

アパマンショップは大村浩次が賃貸業界のIT化を目指し、フランチャイズチェーン化を始めました。現在でも大村浩次が社長を務めており、国内外に数多くの拠点を設けるほど大手不動産会社へと成長しています。

そんなアパマンショップでは部屋探しの応援キャンペーンを行っており、来店すると家電が当たるキャンペーンなどを実施しています。

引っ越し費用を少しでも節約したいと思うなら、アパマンショップのキャンペーンを利用してみるのも良さそうですね。